声優の専門学校と現実

日本は世界的にも有名なマンガ大国、アニメ大国です。アニメやマンガは、現実には起こりえないことやキャラクターがたくさん出てきて夢の世界です。マンガ目当てに日本に来る外国人もいるほどです。都会に行けば、アニメのキャラクターに扮した人がたくさんいるようです。俗にいうコスプレですね。実際にはいないようなカッコいいキャラクターもアニメにはいますし、リアルな人間よりも可愛い女の子なども絵なら可能です。そのような世界に魅了されてオタクと呼ばれるようになるぐらいまではまってしまう人もいるのですね。このようなキャラクターに命を吹き込むのが声優です。このようにマンガやアニメに興味のある人が多い中、声優を目指して専門学校を目指す人は沢山います。しかし、実際に声優として活躍できる人はほんの一握りという現実もあります。憧れますが、夢を追うか、現実を見据えるか難しいところではあります。

声優の学校についての記事

最近、特に若い人たちですが、声優になりたい方が大勢いらっしゃると感じます。なので、声優の学校に通っている方もたくさんいらっしゃると思います。これから学校に通おうと思われている方は、是非料金や時間のことを中心にして考えてみて下さい。参考になるかと思います。時間にゆとりがないとなかなか長続きはしません。本気で声優を志望されているのなら、時間を惜しんででも通った方がいいと思います。講師の方からアドバイスをもらったり、仲間を作ったらいい意味で競争心が燃えてくるかもしれませんね。また、こうした仲間がいることによって逆に安心感があり、いいライバルになるようになるかもしれません。とにかく興味のある方は是非調べてみて下さい。今までわからなかった発見があるかもしれませんよ。分からないことは学校の担当者に訊いてみましょう。

声優を育てる学校である養成所。

アニメの人気とともにキャラクターに声をあてる方にもスポットライトが当たるような時代になってきました。それに影響を受けて声優になりたいという人もどんどん増えているでしょう。そんな人の為の学校になるのが養成所です。大体は声優事務所に付属しているところが多く、養成所でのレッスンを経て能力が認められれば準所属、実績が増えれば正式に所属となります。声の仕事で生活できるほどの収入を得るには、声や芝居についての技術と運、それと人脈が必要です。養成所はその基礎を教えてくれたり培うことができる場所です。発声や滑舌の練習、場所によっては日舞やパントマイムなどの授業もあると聞いたことがあります。一見関係ないことに思いますが、様々な経験を積むことも技術を上げるのに必要なのです。比較的新しい事務所の付属養成所ではアフレコマイクを使って授業を行うところもあり、実践的な知識も身につけることができそうです。