今や何でも手作りできてしまい、現実に手作りする人が多い時代です。家の内装までやってしまうDIYが代表的なものですが、インタビューや記者会見などで使用するバックボード、パネルも自分で手作りすることができます。You Tuberも自分が話すバックに使用しています。イベントや記者会見などを行う場合は、当日までにやらなきゃいけないことがたくさんありますので、記者会見パネルをサクサクつくることができる方法をチェックしてみましょう。まずは、どんなパネルを作るのか、デザインをする必要があります。会社のロゴを入れるのか、イベント名などを記載するのか、どんなイメージにするのかを決めておきましょう。パネルに入れる文字や絵がある場合、素材を用意しておきましょう。細かい作業も必要ですので、途中であきらめず、妥協せず楽しく作成してください。

テンプレートを使用してパネルデザインを考えます

文章でも名刺でもテンプレートが作成されていて、文字を入れるだけで完成するという便利なものがありますが、パネルもパネル用のテンプレートを使用すると便利で早くすみます。ネットでパネル用のテンプレートをダウンロードして、入れ込む社名のロゴやイメージ画像を入れ込みます。そのとき画像の大きさに気を付けてください。画面上で大きくするのと、プリントアウトしたときの画像は観た感じが違います。大きくしたことでぼやけてしまっては台無しなので気を付けましょう。そして記者会見パネルであれば、パネルの前に何人立つのかによって、大きさが変わりますので事前に考えてサイズを決めておきましょう。そのサイズに合わせてパネルの模様を考えます。A4サイズのものを何枚か組み合合わせてパネルに入れるのが一番簡単な方法です。

組み立て式のフレームと布で作ってみましょう

激安で記者会見パネルを作る場合、カメラの三脚をいくつも重ねて作ったような組み立て式のものがあります。これは、組み立てると大きなフレームになるので、上から表面をラミネート加工したパネルデザインをぶら下げることで完成します。ラミネート加工しなくても問題ありませんが、質感がずいぶん異なりますので予算があるならラミネート加工したほうがいいでしょう。しかし激安で作るのであれば、一枚の大きな布にデザインを貼り付けるのが一番安く済むでしょう。数種類のデザインをA4サイズにプリントアウトして、一枚一枚バランスよくペタペタ貼りつけるだけです。一枚の大きなパネルを購入すると、大きさを変えて使いたいときに不便ですので、組み立て式の枠だけのものを購入したほうがいいでしょう。軽量で持ち歩きやすいものであれば使い勝手もいいです。

出力見本サンプルや貸し出し用のバナースタンド本体も用意しております。 名古屋地下鉄「新栄駅」より徒歩10分。(当社調べ) 組み立て簡単の高い機能性!洗練されたデザイン!で人気のロールスクリーン御座います! お電話でのお問い合わせは9時~18時にて対応させて頂きます。 あなたのお伝えしたい情報が、変わるたびに対応してくれる、そんな素敵なメッセージボードに興味有る方お待ちしています。 記者会見パネルの制作はバリエーションが充実のこちら