みなさんはテレビなどを見ている時に芸能人が記者会見を開いている時のバックに映っているパネルに注目してみてください。パネルと言われてすぐに思いつくのは、結婚式で使われる金屏風でしょう。あれはまさしくおめでたい時に使用し、一面に金箔が貼られていますね。金屏風は別として、通常、よく使用される記者会見パネルは宣伝効果も兼ねている事をご存じない方もお見えになります。分かり易いのはプロ野球やサッカーなどで活躍した選手が受けるヒーローインタビューです。後ろのパネルには幾つかのスポンサー企業名が映っています。これなどが宣伝効果として有用的な方法です。こうした協賛するスポンサー企業が、芸能人や事務所・あるいは選手やチームなどの支援する人や物、企業に対して支える事を条件としてあらゆる分野で宣伝させる事の代表的な物が記者会見パネルになります。

記者会見パネルを考えている方へ

もしあなたの会社が何かの展示会や企業名をアピール出来る機会があれば、記者会見パネルを制作して宣伝効果を利用してみましょう。記者会見パネルを制作するにあたり、まずは大きさを決めます。大きさを決めた後はどんな形状にするかを決めます。ここでいう形状とは例えば、1枚ものにするか、あるいは3枚もの等の複数タイプにするのか、仮に複数タイプであれば普通に横に繋げるタイプか、あるいはただ単に繋げるだけだはなく、凹むような形にも出来るものを選ぶのかを決めます。次に取り組むのは肝心のデザインです。どのようなデザインが一番、視覚に飛び込んでくるのかが大事になります。記者会見パネルは五感の中でも目から入る情報のみですから、ロゴマークを持っている企業であれば、それを全面にアピールするのも一つの方法です。せっかく、お金をかけて宣伝するのですから是非とも有効活用して下さい。

あなたも記者会見パネルを作ってみよう

記者会見パネルを作る方法は幾つかありますが、昔は店舗に出向いて打ち合わせる方法しかありませんでしたが、今はインターネットで作成依頼する方法も主流になりつつあります。ただ、どちらも相見積もりをとって出来るだけ安く、と誰もが考えるものです。ただ大きさにもよりますが、どれだけ安くても数十万する様なケースもあります。あなたの会社としてもパネル製作にかけることが出来る予算があるでしょうし、出来るだけ安く済ませたいものです。そこで一番、安価で済む方法は素材を用意して自主制作をすれば、単純に素材だけで予算は済むからです。素材自体は近くのホームセンターで準備出来ますし、もし生地が必要な場合でもカーテンショップでも手に入るでしょう。作成方法についてもインターネットで閲覧すれば、わかりやすく動画付きで解説していますから問題はありません。一度、あなたもパネル作成にチャレンジしてみましょう。