芸能人や政治家などが記者会見を行うときに背景に置いてある記者会見パネルですが、最近では、動画の配信やゲームの実況などを個人的に行う人も使うようになっています。あの記者会見パネルは、手作りすることができます。また、材料も100円均一で購入できる材料で作ることができるため、素人でも作り方を覚えてしまえば簡単に作ることができます。作り方として、最初に背景の画像を作っていきます。ふち無しで印刷を何枚か行っていきます。ここでデザインが重要になってきて完成したときのセンスが問われます。印刷を行っている間にパネルを吊り下げるバーを作ります。吊り下げる棒は、100円均一に売っているつっぱり棒を使うことができます。つっぱり棒をカーテンにつなげます。このように材料は、100円均一で用意することができるため作りたいときにすぐに作ることができます。

記者会見パネルを作ったときの吊るし方

記者会見パネルは、100円均一で売っているもので作ることができます。家のカーテンなどで吊るして作ることができるのです。家で作るときには、印刷した紙のひとつひとつにアルミワイヤーでフックを作って紙と紙を繋げていきます。このアルミワイヤーは、簡単に曲げることができる素材になっているため、自分で作ったときに何回も調節がきいてやり直すことができるため初心者でも簡単に扱うことができます。紙同士を繋げていったら完成です。手作りの記者会見パネルを作るコツとしては、市松模様は、しっかりつなげないといけないのかというと意外と適当でも遠目で見たときに綺麗に見えるため、少しずれていても気にしないことが大切です。記者会見パネルは、印刷する時間にとても時間がかかるのですが、組み立てる作業にはあまり時間がかからないため、作りたいときに簡単に作ることができるのです。

記者会見パネルを作る前に知っておきたい基本情報

記者会見パネルを作るときには、一般的によくみる市松模様のパネルをよく見る機会があります。記者会見パネルは、なぜ市松模様なのかというと、記者会見に1番適した模様だから記者会見パネルの模様は市松模様が多いのです。しかし、市松模様でなくてはならないという規定はないので記者会見パネルを作るときには、どんなデザインでもよいのです。また、この市松模様は、記者会見を行うときに背景を派手にすることで企業の名前などアピールしたい文字をテレビなどではっきりを映すことができるからです。なので、企業からしたら、記者会見を行われることで背景の記者会見パネルを使って宣伝活動を行っているのです。他にも、記者会見の様子などを写真で収めるときに市松模様の背景があった場合に写真にインパクトを残す効果もあります。そして、市松模様に企業名が書いてあると記者会見を行っている人物をアップで撮った場合でも名前が写るためとても効果的な宣伝方法なのです。