記者会見をするにあたり、情報を発信する人の背景にあるパネルが記者会見パネルと呼ばれています。複数のメディアが集まる記者会見において、対象者が自らのイメージを伝える背景演出の一つとして利用してきた為、バックパネルという呼び方もあります。発表するニュースの方向性によって記者会見パネルはその様相を変えます。政治家や公的な意味合いを持つ記者会見においては、情報の発信者の名前や団体名、もしくは掲げているスローガンに人目をひくデザインで用意するケースが多いです。国旗などの小道具と合わせて背景演出をする場合もあります。企業や実業家によるものでは、発表するニュースに関連した記者会見パネルだけでなく、目玉商品や業種をデフォメル化させた宣伝効果のある写真パネルを自作して演出効果を狙っています。

記者会見パネルの素材選びとその費用

記者会見パネルを自作する時にかかる費用ですが、会場の設備を利用できるかどうかでも違います。天井や背景となる壁の上部にフックを取り付けられるタペストリー式の場合には、非常に安価に済みます。素材の安さに拘りたいならば、百均ショップの材料で制作可能だからです。上部数ヶ所にフックを取り付け、そこに百均ショップで買ってきた長棒を横にかけて固定させます。次に発信したい情報の紙面を用意しますが、A4用紙に印刷して繋ぎ合わせて作る方法と、手描きした紙を用意する方法があります。バックパネル部分を用意したら、長棒に固定して幕のようにつり下げます。安定感を持たせたい場合には、パネル下部分にも重石を置くかフックをかけるかして固定させましょう。最も安上がりかつ簡単なこの方法であれば、数百円で制作可能です。

屋外での記者会見パネルの作り方とコスト

室内ならまだしも、記者会見パネルを野外に設置する場合は軽量化された運びやすく撤去もしやすい材質でないと後々苦労します。雨天時などの環境の変化を想定するならば、ある程度の耐久度と防水性を持たせたい所です。しかし、プロの業者に依頼すれば安くとも十万前後かかってしまいます。安価で自作するには、数本の長棒を百円ショップで購入し、倒れないように組み合わせて支えとする必要があります。そこに木材やプラスチックの材質の土台部分を立てかけ、土台表面に紙面を貼り付けます。最後に、防水のための透明フィルムを上から貼り付ければ完成です。固定させる材料の多さやフィルム代の強度補強により室内用より割高にはなりますが、こちらの方法でも高くても二千円前後で制作可能です。印刷面を安く済ませたい場合には、A4用紙に何パーツかに分けて分割印刷してボードに貼り付ければ千円前後で済みます。